【婚活で使える心理テク】両面提示の心理テクを使えば相手の信頼を得ることができ婚活に有利になる

心理テク 婚活 両面提示 Boy meets Girl

メリットだけでなくデメリットを示すことで人は「信用」を高める

両面提示のテクは「結婚」を前提とした相手を探す場合に特に使える心理テク

メリットだけでなく、デメリットを提示することを「両面提示」と言います。人は、あまりにも良いことばかり聞かされるとかえって不安になるものです。新商品の案内を聞く際にはこの製品には欠点が無いと言われる方が怪しいと感じるのが人であり、かえってデメリットを提示することで「正直」「信頼できる」というプラスの印象を与えることができるようになります。

 

クマ代
クマ代

婚活の場では、ついつい自分の「良いところ」ばかりを言いたくなるのが人の心理よね~

 

ペン太
ペン太

分かるな~。俺も、ついつい「良いところ見せよう」って張り切っちゃうもんね

 

うさ子
うさ子

でもさあ、女性側からするとあんまりすごいことばっかり言われると「嘘じゃない?」って思っちゃうけどね。

 

でも、こっちはこっちでついつい自分の良いところばっかりアピールしちゃうけど!

 

クマ代
クマ代

そうねえ。男性は「年収」とか「これまでの業績」を元にアピールしようとしがちだし、女性は「料理ができる」とか「仕事と家庭を両立させたい」とかアピールしようとするわね。でも、まあ現実的にどうなるかなんて生活してみなくちゃ分からないんだけど、、、

 

バン美
バン美

そうそう。婚活している時点で分かるのは、相手の現在の様子と、現在の条件だけ。将来的にはそれを良い方向へ変えることもできるし、むしろ悪い方へ変わってしまうこともあるわ。だから、実際にはお互いに将来どうなるかっていうのを確約することはできないのよね

 

うさ子
うさ子

そうだよね~。

 

あたしも、料理も仕事も頑張るって言っておいて、多分長く付き合ううちには「あなたも半分はやってよ」ってなっちゃうし・・・・・・

 

バン美
バン美

そうよね。好かれたいからこそ、相手のために尽くせる自分を「演じる」訳だけど、それって一生続けるのはムリよね

 

ペン太
ペン太

俺もな~。仕事で昇進するって意気込んではいるけどさ、それが絶対にできるかって言われるとちょっとねえ。。。

 

クマ代
クマ代

そうそう。それに、自分が自分に掲げた「相手へのアピール」って、元は相手はそれほど期待していないってこともあるのに、アピールすることで自分に対するハードル上げちゃう事があるから気をつけてね

相手が求める女性像・男性像に近づけようとして自分のハードルを上げないこと

女性は「家事」や「共働き」に対するハードルを上げないように注意しよう

クマ代
クマ代

正直な話をすればさ、女性が家庭的ですが仕事も好きですって言って相手にアピールしたとしても、いざ結婚したら、仕事に家事に育児にで手が回らなくなって「あなたもちゃんと家事をしてよ」って本音が出るのなんて、目に見えているでしょ?

 

うさ子
うさ子

ん~。確かに。はじめは一人で頑張れるかもしれないけど、ずっと一人で、家事も育児も仕事もなんて、それはアンフェア過ぎるなあ。でも、相手に好かれたいと思って「頑張る」って言っちゃう人もいるよね

 

バン美
バン美

そうでしょ。だから、「家事なら料理が得意です」とか「仕事は好きで辞めるつもりなんて全くないです」って、共働きで家事もするアピールをしながらも、「でも一人で家事も仕事もはムリになっちゃうと思うから、2人で協力できる人がいいな」ってはじめから言っておくことが大事なのよね

 

うさ子
うさ子

そうだよね。もしもあたしが「家事は任せて」みたいに言っちゃったら、後になって「家事は自分でやるって言ってたじゃん」とか言われるかも

 

クマ代
クマ代

そうそう。自分が勝手にハードルを上げたんだけど、後になってその高い期待値を相手が当たり前と思ってしまうこともあるからね。自分で自分の首を絞めないためにも、結婚の利点とともに、現実的には向き合う必要がある欠点も提示しないとね

 

ペン太
ペン太

だけどさ、結婚前には自分を大きく見せたいって思うのって普通でしょ? だって、なるべく相手に興味を持ってもらいたいからさ

 

クマ代
クマ代

それはそうね。でも、できもしないことを言ってしまうのは後で「嘘つき」って言われかねないからね

 

ペン太
ペン太

ん~、でもそうなると、アピールし辛いなあ。ある程度は嘘というか、自分を格好良く見せたいし、良い男に見せたいからなあ・・・・・・

男性は、経済的負担のハードルを上げることや「できないことをできる」というのは止めよう

クマ代
クマ代

それはそうね。例えば、どんな風にアピールしたいの?

 

ペン太
ペン太

ほら、女性はさ、やっぱり最近はイクメンを求めているからね。年収のアピールとかだけじゃなくて、自分も家事育児は協力的にするってアピールはしたいんだ。でも、実際に育児ってなった時にどれだけできるかなんて、正直全然分からないけど

 

クマ代
クマ代

そういうことね。じゃあ、女性側が「家事や育児に積極的な男性が良いです」って言ってたら、「俺は積極的にやる」って答えたいってことよね

 

ペン太
ペン太

そうそう。そこまで料理とかできないけど、土日は俺が作るとかするよ、って言うかな~

 

クマ代
クマ代

そうねえ。まあ、そういうハードルは、上げた後でそれに自分が追いつくことができるものだから、言った以上はやるっていう手もあるけどね。

 

例えば、女性が「家事は任せて」って言い切ってしまうのは、結婚してから何十年も毎日毎日家事労働を引き受けることになっちゃうから、それは言わない方がいいわよ。でも、男性側が女性に協力するっていう姿勢を見せて、その通りになれるように努力するのは、良いことしかないじゃない

 

ペン太
ペン太

え~? 何で? 女性ばっかり負担が減るなんて、変だよ

クマ代
クマ代

何バカ言ってるのよ。女性は、下手したら365日の全ての家事を負わされる危険があるって言ってるの。

 

男性側は、例え自分が「家事をする」って言っても、365日も負担する人いないでしょ。専業主夫希望の人はともかく、数としては圧倒的に少ないからね。男性が半分以上家事をしてうるケースだって稀よ

 

ペン太
ペン太

そ、それはそうかもしれないけど~。でも、仕事もあるし・・・・・・

うさ子
うさ子

仕事を基準に分担を決めようとしてもめる男女は多いよね。

 

年収がほぼ同じとか、同じ会社とかならさ、家事分担も半分ずつとかって決めやすいけど、相手が年収がちょっと高いと「俺の方が稼いでるから家事分担は少なめで」とかって、実際にはめっちゃちょっとしかやらない人もいるし・・・・・・

 

クマ代
クマ代

そうねえ。全てを時給換算して家事の労働時間をタイムカードで測るとか、家事は完全に外注するとかしない限り、完璧な分担はできないからね。

 

でも、だからこそ「思いやり」が大事だし、自分の不得意なことほど相手にやってもらって、「助かってる」って感じる分担にすることが大事

 

うさ子
うさ子

ついつい、争っちゃいそうだもんね。「どっちが多く負担してる」とかって。お金のことも、家事も育児も・・・・・・

 

クマ代
クマ代

そうそう。そういう予想がつくからこそ、結婚前の婚活の段階で、「相手の言質を取ろう」って人がいるからね

 

うさ子
うさ子

言質??

クマ代
クマ代

「家事は一緒にやります」って言わせるとか「お金の負担はさせません」って言わせるとかね。

 

でも、そういう事を最初に決めるのはやめた方がいいわよ。

 

もちろん、「将来絶対に家族と同居が条件」っていうような他の人も巻き込むような条件がある人は、そういうことは相手に伝えないとダメだけど、2人の間のことをあれこれ細かく決めちゃうと、それはそれで後でもめるからね

 

うさ子
うさ子

え~? でも、話し合わなかったら、「そっちがやってくれると思ってた」とかって、それもすれ違いそう・・・・・・

 

バン美
バン美

だから、「協力し合う」って言葉をどこにでも滑り込ませて置くことが大事なのよ。困った時には助け合おうっていう「思いやり」こそが大切で、細かい取り決めをすることが大事なんじゃないのよ。

 

「いつも自分ができるとは限りませんけどね」っていうデメリットな部分も伝えた方が、かえってお互いに安心できるのよ

自分の魅力をアピールする時には「いつもできるとは限らない」と伝えよう

伝え方を工夫することで「協力し合うことが大切」というニュアンスを出そう

アピールすること自体は問題ではありませんが、自分で自分に対する期待値を上げすぎないように注意しながらアピールするようにすることが大切です。そうすることで、「現実的な夫婦生活」を思い描けるようになることは、かえって婚活ではプラスになります。

稼ぎについてアピールしたい時

ペン太
ペン太

これからもっと昇進して、年収上げていきますよ。業績次第でどんどん上がるんです。まあでも、こういう時代だから、絶対に安定とは言い切れませんけどね

家事能力の高さをアピールしたい時

うさ子
うさ子

料理は好きです。他の家事も全般こなせます。これからは栄養バランスのある食事のレシピをマスターしたいと思ってるんですよね。でも、子供ができたらそれだけでいっぱいいっぱいになるかも知れないから、料理も他の家事も、一緒に分担して、協力してくれる人がいいです

 

クマ代
クマ代

やっぱりね、今でも「専業主婦とはいかないまでも男性に多く稼いで欲しい」って女性が多くて、「女性には自分より短い時間働いてもらって、家事育児を多く負担して欲しい」って男性が多いのよね。

 

それはお互いのニーズだから、相性が良ければそれで問題はないわ。でもだからって、自分にはできそうもない提案をすると、後で苦しむことになるからね。無理なアピールはお互いに「本当の相性」を見誤らせるわよ

 

うさ子
うさ子

女性の方が年収高いこともあるもんね。それなのに、家事分担は半々より多いこともあるから・・・・・・

 

クマ代
クマ代

そうねえ。まあ、女性が年収が高くて、男性が専業主夫ってところも少ないながらあるけどね。

 

まあ、結婚した後で、その家庭がどんな風に家事や育児、経済的な分担をするかは、はっきり言って「自由」よ。

 

でも、2人の自由だから、2人の中で納得できないとダメなんだけどね

 

ペン太
ペン太

ついつい、他と比べちゃうんだよな~。あそこの家は嫁さんが何でもしてくれるって聞いたら、やっぱり羨ましいって思うかも・・・・・・

 

クマ代
クマ代

まあでも、その噂の家庭が幸せかどうかなんて、本人たちに聞かないと分からないわよ? 聞いても本当のことは分からないかもしれないけど。

 

だから、そういう噂話は、「嘘話」と思っていていいのよ。

 

大事なのは、自分の家庭でしょ? 自分がこれから結婚する家が、どれだけ幸せで、楽しい家になるかが大事だから、ムリな背伸びはお互いにしないこと。お互いが「助け合える」関係になるのが大事

 

うさ子
うさ子

友達同士の方が、自然に助け合えるのにな~。苦手なこととか、「それはあたしがやる」って言いやすい

 

クマ代
クマ代

そうそう。その友達の間での助け合いの感覚よ。最後には、ベストフレンドになることが夫婦としては大事なんだからね。もちろん、永遠のカップルっていう夫婦も中にはいるでしょうけど

 

ペン太
ペン太

そっか~。ベストフレンドかあ。男同士も、スポーツとかだと助け合うもんな。お互いの弱点を補強しあったりするし。大事なのは、助け合いか

 

クマ代
クマ代

そうそう。パートナーって意識が持てないと、結婚生活が辛くなるからね。「結婚前には約束してくれたのに」って嘆く前に、結婚前にお互いにハードルを上げすぎないこと、話し合えるようにしておくことが大事よ。

 

ペン太
ペン太

それで、良いところばかり言わないのが大事ってことなんだ

うさ子
うさ子

でもなんか、その方が等身大でいられる気はする。かえって、頑張れるかも・・・・・・

 

クマ代
クマ代

お互いの期待値を上げすぎると、「裏切られた」って気持ちが生まれやすくなるわ。でも、お互いにデメリットを打ち明けられる関係、「不安要素」を打ち開けることができる関係の方が、お互いに信頼できるようになるでしょうね

 

婚活を成功させたいと思ったら思い出したい心理テク:

クマ代
クマ代

メリットとデメリットの両面提示をしておくことで信頼関係が深まるわ。そうすれば、お互いのハードルを上げすぎずに協力し合える関係を築きやすくなるわよ

タイトルとURLをコピーしました