【成功率の高いデートの誘い方②】心理テクのドア・イン・ザ・フェイスを利用した「ギャップ」法

心理テク デート 誘い方 Boy meets Girl

「ギャップでOKをもらう」・・・ドア・イン・ザ・フェイスの誘い方

冗談が言える人・話をするのが得意な人が使いたい「ギャップ」を利用した誘い方

心理テクニックを利用したデートの誘い方の一つに、ドア・イン・ザ・フェイスのテクニックがあります。これは、1つ目に絶対に断られる大きなお願い事をして、その後、大きなお願いからはギャップのある普通の提案を受け入れやすくするというテクニックです。

 

例えば、「お誘い」なら「お誘い」という同じテーマで、絶対に断られることを提案してから、本当に受け入れて欲しい要求をします

 

この方法をデートのお誘いで使う場合には、少し真面目な顔をして「明らかに冗談と分かるようなこと」を提案し、相手に笑いながらその提案を断ってもらって、次の本命の提案を受け入れやすくすることが大切です。

 

クマ代
クマ代

ハードル高めのテクニックだから、冗談を言える人、話をするのが得意な人に向いているやり方ね

「ギャップ」を利用した誘い方の基本例

ペン男
ペン男

〇〇さんって本当に素敵な人ですね。どうでしょう? 僕と結婚しませんか??

うさ子
うさ子

え・・・・?! あはは! 冗談ですよね?

ペン男
ペン男

あはは。 まあ、急にそんなの無理ですよねえ。 あ、でも、今度晩ごはんを一緒になら、どうですか? 美味しいお店知ってるんです

うさ子
うさ子

あ、まあ、晩ごはんなら・・・・・・

相手に彼氏がいる、婚約者がいる、もしくは相手が既婚者という場合には断られるケースもありますが、相手がフリーなのであれば、この「ギャップ」のある提案は受け入れてもらいやすいテクニックです。

「ギャップ」のテクニックでは、はじめの提案は絶対にジョークと分かるものにしないとNG

ここで注意したいのは、はじめの提案を、ひょっとしたら本気なんじゃ、と思わせてはいけないということです。

 

ペン太
ペン太

〇〇さん、今度俺と一緒に旅行に行きません? 箱根あたりに

うさ子
うさ子

え・・・?? 無理です。

うさ子
うさ子

冗談? え、本気? っていうか、身体目当てのタイプ???

ペン太
ペン太

あ、じゃあ、映画でもどうですか??

うさ子
うさ子

いや~。ちょっと忙しいんで。

 

まだデートしたこともない相手なんだから「泊まり」なんて冗談だって分かるだろう、と思うかも知れませんが、チャラい男性として認識されてしまうリスクはゼロではりません。特に、日帰りで行けそうな場所を言われると、冗談なのか本気なのか、実際のところよく分からない場合もあります。元々ちょっと軽いタイプの人と認識されている場合には、相手から「軽い人」として警戒されてしまう可能性もあります。

 

「旅行」をギャップのある提案のテーマに選ぶのはOKですが、その際には言い方に気をつけましょう。「泊まろう」などといった夜を連想させる言葉を使ってはいけません。また、結婚という言葉は冗談でも出したくないという人もいると思いますが、その場合にも「旅行」でギャップを使う方法を使用したデートの誘い方が使えます。

旅行をギャップのテーマにしてデートに誘う例

ペン太
ペン太

夏だね~。沖縄でも行きたいね。どう? 〇〇さん、一緒に行く?

うさ子
うさ子

あはは。沖縄いいですねー。でも無理です~

ペン太
ペン太

だよねえ。まあ沖縄は無理でも、今度ランチくらいなら一緒にどう?

 

このように、沖縄や北海道といった今現在自分がいる場所からは遠いところで、リゾート地として認識されている場所を提案するか、台湾や、プーケットといった海外でも近い場所などをギャップの提案に使ってみると良いでしょう。

 

このように、明らかに冗談と分かるギャップを利用すれば、デートに誘いやすくなります。

 

クマ代
クマ代

でも、このギャップ法は、使える人と、使ってもいい相手を選ぶ方法だから、その辺りは気をつけてね

ギャップ法は「冗談が通じる相手」にしか使ってはいけない方法

冗談が通じない相手の場合、トラブルになる可能性はゼロではないので注意が必要

この、ギャップを利用した方法は、「大きなジョーク」を利用するので、元々話すことが得意な人、営業職などで口が上手いと思われている人が利用すると効果があります。

 

クマ代
クマ代

口が上手いって分かっていても、のせられちゃうのが良いのよね。

 

「この人、本当に口が上手いんだから」って相手が思っているくらいで丁度いいのよ。生真面目で通っている人が、ジョークが伝わらない相手にやってしまうと、下手したら本気と捉えられるからね

 

ペン太
ペン太

え・・・? 結婚しよう、って言ったら、その場で「はい」って言われるかもってこと?

 

クマ代
クマ代

まあ、そこまでじゃないけど、思い込みやすい女性を誘っちゃった場合には、「あの時結婚しようって言ったじゃない」という展開が発生する可能性がない、とは言えないわね

 

ペン太
ペン太

怖っ。 やっぱり、結婚しよう、ってヤツは俺、使うのやめよう。テーマは旅行にしておこう

 

クマ代
クマ代

女性の場合、結婚したいって思い詰めている人がいる場合もあるから、ジョークを本気として捉えられる可能性もあるのよ。

 

「結婚」を引き合いに出すかどうかは、本当に相手次第ね。

 

ペン男
ペン男

ギャップは、あくまで相手に笑ってもらうために必要なスキルなんですよ。だから、相手を不快にさせたり、相手がその言葉を本気にしてしまったら、意味がない

 

クマ代
クマ代

そうそう。笑いに変えるスキルって一朝一夕に身につくものじゃないからね。

 

普段からジョークを言わないような人が使うと、かえって失敗する可能性もあるから。

 

今の時代、セクハラとか、ハラスメントにも厳しいじゃない? だから、しつこく言い過ぎたり、下品にならないように注意が必要よ

 

婚活や恋活の場であれば、相手もある程度受け入れ体制にありますが、職場や普段買い物に行くお店、学校などでは特に言葉の選び方には注意が必要です。また、この方法は、女性のタイプによってはNGな方法です。真面目なタイプだなと明らかに分かる女性に使うのはやめましょう。

間違った相手にギャップ法を使ってしまったら「反省の言葉」を伝えて立ち去ろう

ギャップ法は、ギャップと感じない可能性がある「真面目な印象が強いタイプの女性」に使うのは避けた方が良い方法です。本気と捉えられたり、嫌な冗談を言う人と思われる可能性もあるからです。

 

ギャップ法を使っても良い女性のタイプの簡単な見分け方としては、「髪の色を明るく染めている人」や、「いつも誰かとお喋りをしているタイプの女性」です。こうした、社交的なタイプの女性であれば、基本的には使用しても大丈夫です。

 

万が一、ギャップの第1の提案の時点で相手が固まってしまった時には、切り返しによってその場を立て直す必要があります。

 

ペン太
ペン太

〇〇さんって、本当に素敵な人だなあ。どうです? 俺と結婚しませんか?

うさ子
うさ子

え・・・・?? ・・・・・・・

クマ代
クマ代

あ! ペン太! 結婚しませんかを明らかに使っちゃダメな相手に使ってんじゃない!

ペン太
ペン太

あ! ヤバイ! うさ子ちゃん笑ってない! ってか無言で固まってる・・・。

 

こんなふうになってしまった時には、はっきりとジョークです、と言うしかありません。早い段階で、本気じゃないことを示しておきましょう。でも、言い方には気をつけて下さい。

 

ペン太
ペン太

ごめんなさい。ジョークです。笑ってもらおうと思ったんですけど、すみません。

うさ子
うさ子

あ・・・・・・そうですか。

 

クマ代
クマ代

このパターンになったら、もうお誘いは諦めましょう。余計に場の空気が悪くなる可能性があるから。

 

ペン男
ペン男

そうですね。でも、相手の気持ちを少しでも上げるための一言は残して立ち去りましょう。

 

ペン太
ペン太

相手の気持ちを上げる一言?

 

ペン男
ペン男

ええ。相手は、ペン太くんを、言ってはいけない冗談を平気で言う人と認識していますし、もしかしたら心が傷ついている可能性もあるからです。

 

クマ代
クマ代

そうね。女性によっては、「結婚」っていう重いワードを軽々しく冗談にしたことに傷つくことだってあり得るわよね

 

ペン男
ペン男

はい。だからこそ、「悪い冗談言っちゃって、本当にごめんね。 この口がっ! 反省して出直します」と、反省の態度を口にして、恋愛の要素を抜いてから立ち去りましょう

 

真面目な女性ほど、恋愛や結婚についてを軽い冗談にされてしまうことに抵抗を覚えます。そして、冗談を言った相手に対して一度引いてしまうと、「絶対に受け入れられない」とガードが固くなってしまうので、その場ですぐに「恋愛」から遠ざかることが大切です。

 

その場でしつこく迫っても、余計相手に嫌がられることになりかねないので、ダメ押しはしないようにしましょう。

 

ギャップ法を使うデートの誘い方は、冗談が言える人、話すことが得意な人が、冗談を受け入れられる人、話が好きな人に使うのに向いています。相手を間違えなければ、すんなりOKがもらえる誘い方でもあるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

ギャップ法で相手が固まってしまった場合に使いたい「引き」の一言:

ペン太
ペン太

悪い冗談言っちゃって、本当にごめんね。 この口がっ! 反省して出直します

タイトルとURLをコピーしました