【聞き上手になるテク】会話が苦手・デートで無言が続く人が知りたい会話が続くテクニック

デート 会話 苦手 続かない Boy meets Girl

デート・婚活で会話が続かない人が「聞き上手」になる女性が喜ぶテクニック

会話が苦手なのはプラス要素にもなる。聞き上手のテクを手に入れて「お付き合い」に繋げよう

会話するのが本当に苦手で、話題が浮かばないし、どんな相槌を打ったらいいのかもよく分からないという人にとっては、恋愛のはじまりが何より苦手という場合があります。

 

「結婚」はしたいと思うから、婚活に励んでいる。「彼女」は欲しいと思うから恋活に励んでいる。けど、出会った相手との会話が上手く続かない・・・。

 

クマ代
クマ代

喋るのが苦手な人にとっては、相手に慣れるまでが一番大変よね。

 

そんな人は、会話が成立しているように見えるテクニックを身につけるといいわ。それだけで、デートの成功率を上げることができるし、婚活でもカップル成立に繋がるようになるわよ

 

会話が苦手な人にとっては、デートすること自体が苦痛で気が重いという場合もあるでしょう。メッセージのやり取りはどうにかできたけれど、いざ会ってみると何を喋ったら良いのか分からなくなる人、会話で場を盛り上げることが苦手でどうしても上手に相づちを打てなかったり、会話がブツッと終わってしまう人もいるはずです。

 

時には、あまりにも会話が続かずにいたたまれない気持ちになることもあるでしょう。

 

タツ
タツ

しゃべろう、って意気込むと、余計に何話したらいいかわかんなくなる。

盛り上げるとか無理

 

上手に反応しなくちゃって思うけど、へー、とか、ふーんで終わりになっちゃうこともある

 

何でもない話題でも、ぺらぺらと喋れる同性の友達を見ては、何でこの人はこんなに喋っていられるんだ? と、首を傾げたくなるかも知れません。

 

頭の中ではあれこれ考えていても、それを口に出すことに慣れていない人にとっては、そもそも発言すること自体緊張するものです。

 

それに、自分が喋った言葉で場が盛り上がらなければメンタルへの打撃は大きいもの。恥をかいたと思うような経験を1度でもすれば、その後ますます喋るのが苦手になってしまう場合があります。

 

クマ代
クマ代

これだ! と思って話題をふったら、相手の反応が「ふーん」とかだと、本気でヘコむわよね。あたしなら、「あら興味なかった?」で流せるけど、普段から喋らない人間にとっては、そもそも話題って何なのって感じよね。

 

何となくその場にいるだけで楽しめる人の場合は、ますます「話さなきゃだめ? 本当に話題が見つからない」状態になるわよね

自分の意見を言わないといけないという決まりはない。上手な反応を覚えよう

聞き役にまわる事が多く、時々さらっとツッコミを入れる程度の会話が心地いい人にとっては、特にお喋りな相手の横に立つと、ペラペラペラペラと続く会話のどこに突っ込んでいいのやら、何をコメントしたらいいのやら、若干パニックになることも。

 

タツ
タツ

なんかすげー喋ってるなーって思っちゃうことある。いや、話は聞いてるけど、何に反応すればいいのか分からん。とりあえず横で聞いてればオッケーかなって

 

クマ代
クマ代

んー。とりあえず聞くってことは間違っていないと思うわよ。でも、「うん」とか、「へええ」とか、「すごい」とかいう反応は必要なのよねえ。

 

餅つきと同じよ、ヘイッ、ハイッ、って途中で手で餅に水を付けて引っくり返すでしょ? ああいう反応が必要なの

 

タツ
タツ

・・・・・・ムリ

 

会話のキャッチボールができる人の場合、話題を振ったら反応して欲しい、会話を広げたいと思っているので、「それでねー、あれがこうでね、こうなんだって」と話をしている時に、無言だったり、ふーん、と返すだけで終わりにしていると、自分の会話はつまらないのかな、この人とは会話ができないから無理だな、と判断されてしまうこともあります。

 

話すことが苦手な人にとっては、自分が話した時の相手の反応が怖いと同時に、相手が自分に振ってくれた話に上手く乗れないことで会話が続かない、気まずい時間を作ってしまうことが怖く、怖い気持ちが大きくなってますますしゃべれないという無限ループに入り込んでしまうこともあるでしょう。

 

クマ代
クマ代

学校、職場、家で喋っている会話数が、自分にとっての日常の会話の範囲よね。それ以上喋るのは、努力しなくちゃできないことよ

 

趣味に没頭している時間が大好きだったり、会話するより黙々と何かをしている方が好きな人にとっては、デートからお付き合いまで繋げることが何より大変だったりしますが、付き合いはじめて落ち着いてしまえば、長く相手と付き合い続けることができる場合が多いので、お付き合いまで繋げることが大切です。

 

クマ代
クマ代

願望がモテたいっていうんだったら、会話はマストだけど、誰か一人に好かれたい、彼女が欲しいっていうなら、喋るのが得意じゃなきゃいけないってことはないし、付き合った後ではそれがメリットにもなるわよね

不特定多数にモテる必要がないのなら、自己アピールは必要ない

会話が苦手という人は、自分の話を交互に会話しながら聞いて欲しい、自分の話にちゃんと反応して欲しいというタイプの相手とは相性が悪いかも知れませんが、お互いに趣味に没頭していればいいと考える人や、あまり喋らずに静かな時間が好きな人にとっては、付き合いが進めば会話の量についてはそこまで問題になりません。

 

日常の雑事をどうするかといった必要な事柄についての話し合いができるのであれば、付き合いはじめてからは、大切なのは会話ではなく、お互いの居心地が良いかどうか、つまり二人の間の雰囲気です。

 

一緒にいて「居心地が良い」と思わせることができれば、大切なのは、会話の多さではありません。

 

それでも、はじめてのデートや、数回のデートで「会話がないけど居心地が良い関係」に辿り着くことはできません。

 

女性の方が「お喋り慣れ」しているので、いくら会話が無くても平気な女性であっても、ある程度は会話を通じて相手の事を知っておきたいし、自分のことも知っておいて欲しいと思うからです。

 

特に婚活などでは、会話なしではお互いの求めるものを確認することはできないので、「会話ができる人」だと認識してもらうこともある程度は大切なのです。

 

タツ
タツ

会話のきっかけとかよく分かんないから困るんだよな。話さなきゃいけないって思うと、唐突に情報だけ伝えちゃって、困惑されることもある。

 

そんで、相手の「別に聞いてないけど?」って視線に耐えられなくなったり・・・・・・

 

クマ代
クマ代

あ~。そういうことってあるかもねえ。

 

例えば、自分のことを伝えなきゃって思って「弟がいます」って言ったはいいものの、相手に対して「兄弟はいますか?」って付け足せないから、「いきなりどうした?」って相手に思われるとかね。

 

言葉を選びすぎて言葉が足りないってパターンもあるわよねえ

へ~、ふーん、はNG反応。同じ言葉でもへええ!! ふうん!!と前のめりに

自分から話題を出すのが苦手という人は、無理やり自分から会話を捻り出すのではなく、会話してるように感じさせるテクニックを覚えましょう。例えば、ふーん、や、へー、といった相槌だけでは会話がとてもつまらなそうに感じます。

 

うさ子
うさ子

私ね、昨日はアイシングクッキー作ってたの。アイシングって楽しいよ~

タツ
タツ

ふーん

タツ
タツ

アイシング? なにそれ。 クッキーだから食べ物? よく分からないなあ・・・

うさ子
うさ子

・・・・・・。あ、写真見る? ほらこれ

タツ
タツ

へー

タツ
タツ

あ、こういうヤツなんだ。なんか色すごいな。食べ物なんだよね?

 

この時、タツの心の声が聞こえないうさ子は、「あれ? 私の喋ってることつまらないかな? 興味ないかな?」と思っています。へー、やふーんは、へええ! ふうん!!!という前のめりな反応なら、相手が興味を持ってくれているのかな、と思わせることもできますが、それでも、へええ、とふうん、でずっと会話を続けるのは難しいもの。

 

喋るのが苦手という人も、タツのように、実際には心の声で色々考えていることが多いものですが、心の声をそのまま出すのが苦手なので、会話が成り立っていないように見えるのです。

 

本音をそのまま口に出したら不用意な事を言ってしまうと心配する人や、相手を不快にさせない言葉を選ぶのに時間がかかる人ほど、「ふーん」や、「へー」や、無言の相槌を連発してしまいがちです。

 

しかし、ちゃんと話を聞いているよ、というアピールをしないと、相手はあなたへの興味を無くしてしまいます。

今日から使える「聞き上手」になるための会話のテクニック

オウム返しのテクニックで「聞いてるよ」アピールをすることが大切

そこで、オウム返しのテクニックを使いましょう。このオウム返しのテクニックを使うことで、相手側には「会話をしている!」と認識させることができます。このテクニックの良いところは、考える力を必要としないところです

 

うさ子
うさ子

私ね、昨日はアイシングクッキー作ってたの。アイシングって楽しいよ~

タツ
タツ

アイシングしてたんだ~。楽しかったんだね

うさ子
うさ子

そうなの! あ、写真見る?

タツ
タツ

写真? みせてくれる? へ~、これがアイシングなんだ

うさ子
うさ子

え? 知らなかった?

タツ
タツ

知らなかったなあ

 

相手の会話を、ほんの少し変化させてうなずいているだけで、自分から新しいアイデアを出してはいないのに、きちんと会話が成立しています。これだけで、相手は会話をしていると感じるようになります。

 

これなら、考えて会話をする必要はありません。声を出すことがそもそも億劫だというのではない限り、相手の言ったことをちょっとだけ言い換えればいいだけなので、会話しやすくなります。

 

そして、自分が話せそうなことがあれば、時々自分のコメントを入れるようにします。特に、写真などを見せられた場合には、「すごいね」とか、「かわいいね」とか、相手を褒めるか、驚いたという感想を加えましょう。

 

クマ代
クマ代

反応が返ってくる、ってだけで相手は嬉しく感じるものだからね。オウム返しで相手の言葉に同意すると、相手は自分が認められてるっていう気持ちになれるから、これってお喋りが上手な人にとっても大切なテクニックよね

相手が幸せに感じるための言葉のストックだけは持っておいて引き出して使う

さらに、「楽しい会話だった」と思ってもらうためのテクニックとしては、会話の途中に、ハッピーワードを挟むようにする、というのがあります。これができると、この人と話すと楽しいな、と相手が認識するようになります。

 

ハッピーワードとは、以下のようなものです。

 

良かったね! 楽しいね! すごいね! 素敵だね! さすがだね!

 

肯定的な言葉であれば、どんなものでもハッピーワードになります。

人は、自分が話したことや行動に対して、相手が「良い」と認識している反応をくれるほどに、その人と過ごした時間が楽しかったと認識するようになります。長い付き合いのカップルや家族であれば、時には否定をすることで仲を深めることもできますが、数回しか会ったことのない人同士で否定の言葉は使っても何のメリットもありません

 

このハッピーワードのテクニックも、言葉の中に良いことばを挟むだけで良いので、頭を使わなくてはならないこともないし、特別面白いことを喋らなきゃ、という必要もないので、実践しやすい方法です。

 

基本的には女性は「自分が話していることを聞いて欲しい」と思っているので、喋れる人より、「聞き上手」を目指す方がモテます。その点では、喋ることが苦手な人の方が、テクニック次第で女性にとって魅力的な人になる可能性が高いものなんです。

 

「聞き上手」のプロともなると、一見つまらなそうに見えるような行動をしてしまった時にも、その場の雰囲気を一気に逆転させるテクニックを持っています。

うさ子
うさ子

あーでね、こーでね、それでね・・・・。

あれ? (反応がない・・・)

 

あ、ごめんね。つまんなかった?

ペン男
ペン男

ああ、ごめん。あまりにも素敵な声だったから、つい聞き惚れちゃって

クマ代
クマ代

エクセレンッツ!!!

楽しいデートだったと思うには、相手が笑顔だったとか、あたたかい場所にいることができたとか、そうした一緒の時間を過ごすことができて良かったと思える空気間も大事な要素です。

 

そのためには、デートの場所が暖かくて居心地が良い場所であることも重要です。デートで気を付けたいポイントにも十分注意しながら、聞き上手に徹しましょう。

 

会話が苦手という人の中には、笑顔を見せるのが苦手という人も多いものですが、相手が会話をしている間は、「会話を楽しんでいる」という雰囲気を出すことは大切です。微笑みを浮かべて、身体を少し前のめりになるように相手に近づけるように心がけるだけで、相手は会話を楽しむことができるでしょう。

 

今日から使える、「つまらない?」と聞かれた時の挽回の一言

ペン男
ペン男

ああ、ごめん。あまりにも素敵な声だったから、つい聞き惚れちゃって

タイトルとURLをコピーしました