【女性が突然不機嫌になる理由】「察して」と振られた、無神経・鈍感と言われた時に知りたい彼女の心理

察して 女性 意味 分からない Boy meets Girl

女性の「察して」には痛み・悲しみ・苦しみに気づいて欲しいという願いがある

脳の仕組みや遺伝による形質が違うため、女性と男性の能力には深い隔たりがあることを知っておこう

デート中、自分には全く思い当たるふしはないのに、いつの間にか相手が不機嫌になってしまったとか、怒り出してしまったという経験はありませんか?

ペン太
ペン太

ある。それまで楽しくデートしてて、相手はめっちゃ笑顔だったのに、気づいた時には無言で、ちょっと不機嫌そうな顔してたことがあって・・・

クマ代
クマ代

それで、どうしたの?

ペン太
ペン太

だから、「どうしたの?」って聞いたんだよ

クマ代
クマ代

ふんふん

ペン太
ペン太

そしたら、「べつに・・・・・・」って言われた

クマ代
クマ代

うん。それで、それからどうしたの?

ペン太
ペン太

いや、べつにっていうから、まあ、何か別に何もないんかなあ、とか、女性特有の何かかなあ、とか思って、まあ、「今日は帰ろっか」って言って、帰ったよ

クマ代
クマ代

あらららら

ペン太
ペン太

そしたらさ、そっからは遊びに誘っても全然反応が良くなくてさ、しばらくしたら「あたしたち、合わないみたいです」って連絡来て、終わったよ

クマ代
クマ代

まあ、そりゃあそうでしょうねえ

ペン太
ペン太

え? 何で? だってさ、相手は別に・・って言ってたし。

 

しかも一応もう少し突っ込んで聞いたよ? 何かあった? って。

 

そしたら、「何でもない」って言うからさあ・・・・・・っていうか、本当に何だったんだろ???

クマ代
クマ代

まあ。正直それが男性側の普通の反応かもねえ。

 

女性の “これくらい察してよ!” っていう、言わなくても分かってちょうだいって攻撃、実は難易度が高いのよね~。

ペン太
ペン太

言わなくても、察して?! え? 無理だよ! 言わないでどうやって分かるの?

クマ代
クマ代

これが ザ・普通男子の反応よ。だから別に、男性が悪いとかそういうことじゃないのよ。

 

でも、女性と仲良く恋愛したいとか、モテたいとか思うのなら、この察して問題に取り組む必要があるわ

 

 

女性の「察してよ、それくらい」という要求に困ってしまったことのある男子は案外多いものです。それまではご機嫌だったのに、ふと気づいたら、無言になっているとか、口を膨らませて怒っているとか、場合によっては本気の喧嘩にまで発展してしまうこともある「察して」という無理難題。

 

これは、実は女性脳と男性脳の差の問題や、遺伝上の差の問題もあるので、何も知識がない状態から男性が女性に合わせて彼女のニーズを察するというのは、そもそも難しいものなのです。

女性には状況の変化を敏感に読み取る力がある + 不満を限界まで我慢しがち

女性は、細やかな気遣いに長けている傾向があり、あれこれと気を回したり、先回りして相手が欲するものを提示するのが得意です。それは、これまでの女性の歴史によって形作られた遺伝の形質が関わっています。

 

もちろん、個人によって察する能力の程度は異なりますし、女性の中でも察することへの得手不得手がありますが、男女で見た場合には、圧倒的に女性の方が察する能力に長けた人が多いので、数の上で「察して欲しい」という女性が多くなるのは当然なのです。

 

ペン太
ペン太

だけど、一体何を察して欲しいわけ???

 

クマ代
クマ代

それはね、女性にとっては「分かっていて当然」なことを察して欲しいのよ

 

ペン太
ペン太

は???

 

女性が「察して欲しい」と思っている事は、その時によって違います。ですが、多くの場合で、「痛み」を伴うことや、「苦痛」を伴うことに気づいて、手を差し伸べて欲しいと思っています。

 

男性がよくやりがちなデートでのミスについてはこちらでまとめてありますが、デートで女の子が疲れてしまったり、がっかりしてしまうよくある原因には、以下のようなものがあります。

女性に配慮できていないことで女性が不機嫌になるありがちなデート中の失敗

相手のペースを考えずにスタスタと歩いてしまう。➔女の子は追いつくのに必死で疲れる

女性がおしゃれしてヒールの靴を履いているのに速歩き➔足が痛くなってデートどころじゃなくなる

寒そうな素振りを見せても気づいてくれない➔寒くてトイレに行きたくなったり体調を崩すことも

 

他にも、食べるペース、トイレのタイミング、エスカレーターや道を歩く時の立ち位置に気を使ってくれないといったことが原因の場合もあれば、話を聞いていない、適当な相槌を打たれる、自分の話ばかりしているといった“自己中心的”な行動や言動が原因で、女性は「自分が大切にされていない」と思い、どうにか我慢を続けていたもののその我慢も限界にきて不機嫌になる場合があります。

 

中にははっきりと、「寒いからビルの中に入りたい」や、「歩くのが早すぎるからゆっくりにして」と指摘してくれる女子もいますが、そうした女性は案外少ないものです。

 

女性は、自分から相手の不備や問題点を指摘すると、自分の印象が悪くなってしまうのではないかと心配します。

 

そして、言葉で直接伝えることはできないので、態度や雰囲気で可能な限り相手に「察して」という合図を送るのです。

 

けれど、そうやって「察して」の合図を送っても、相手の反応がない場合や、相手の自己中心的な態度が目に余る場合には、「これほど自分に興味を持ってくれていないのなら、この人と居ても私は幸せになれないかも」と思うようになり、気持ちが離れてしまうことがあります。

 

ペン太
ペン太

ええ??? 言ってくれれば、ちゃんとするのに!

 

歩くのは、確かに早くなっちゃう時あるなあ。だって、それがいつものペースだからさ。

 

それに、言われない限り、寒そうとかなかなか気づかないんだけど??? 察してのハードル高いよ!

 

クマ代
クマ代

女性はねえ、元々とっても観察力が高いのよ。

 

だから、友達が寒そうとか、のどが渇いていそうとか、足が痛そうとか、普通に気づいちゃうのよねえ。

 

それで、そんな女子の集団の中に居るでしょ? 男子だって興味があるなら、あたしのニーズに気づくでしょって思っちゃうのよ

 

ペン太
ペン太

無理!!!!!

 

クマ代
クマ代

うん。まあ、そうね。無理よね。

 

だから、「察する」ところまでは頑張る必要はないのよ。

 

でもね、相手が自分とは違う性質を持っているということ、そして、自分よりも暑さや寒さに敏感だったり、力が強くなかったり、体力が無かったりするから、辛いとか、困ってるとか、そういう状況になりやすいって知っておくことが大切なのよ

 

女性の「別に」や、「何でもない」や、「それくらい分かるでしょ?」といった察してワードには要注意です。

 

それらを聞いたら、文字通りに受け取ってはいけません。そこには必ず、「辛い」「苦しい」「痛い」「悲しい」といった感情が隠れた出来事があるからです。

突然の不機嫌や、「察してよ」の裏側にある本音を聞き出す努力をしよう

ついさっきまで笑っていたはずなのに、と思っても、女性は時に無理して笑顔で頑張っていることもあるということを知っておきましょう。ついさっきまでは無理して笑顔で頑張れていたのに、もう笑顔で頑張れないほどになにかに追い詰められていると思って下さい。

 

ペン太
ペン太

え・・・・・・何か、相手を追い詰めたのかもと思うと、悪いことしてる気分になってきた。

 

クマ代
クマ代

それでいいのよ。

 

相手が苦しいかも、と思えば、本気で心配できるじゃない。

 

相手がなにかに不満を持っているな、と感じたら、すぐに「どうしたの?」と尋ね、「別に」や、「何でもない」が聞こえてきたら、寒い時には室内で、そうでないなら外で良いので必ず座れる場所へ移動して下さい。

 

立ち話では、本音を聞き出すことはできません。人は、腰掛けて、座ってはじめて自分の本音を語れるようになります。

 

クマ代
クマ代

道ばたで、「大丈夫?」って聞かれても、大丈夫って応えるしかないのよねえ。

 

だって、大丈夫じゃないっていいづらいわよ。

 

でも、公園のベンチとか、デパートのソファとか椅子とかなら、話やすいから。あ、でも、レストランとかカフェはやめてね。他人がいると喋れなくなるから

 

あまり人が密集していない場所であれば、彼女も本音を話しやすくなります。もしかしたら、足があまりにも痛くて歩けなくなっているのかもしれないし、寒すぎて体調が悪くなっているのかもしれません。

 

もしくは、デートの間中緊張してドキドキしていたあなたが一方的に自分の話ばかりしていて、彼女の話を聞いてくれなかったことで悲しんでいる可能性もあるし、会話の中で言っては行けない言葉を言ってしまった可能性もありますが、そうした本音は、ちゃんと座った場所でしっかりと聞いてあげましょう。

 

そして、彼女の言い分を聞く間は、絶対に話に割って入ってはいけません。

 

クマ代
クマ代

でも、とか、あれは、とか言い訳すると関係は悪化するわよ

 

うん。そうか、そうだったんだね。と、とにかく共感を示して、彼女の痛みの部分を取り除いてあげましょう。

「察することはできない」と伝えることも大事。でも言葉の選び方・伝え方には注意が必要

ペン太
ペン太

でもなー、ちゃんとその時、その場で言ってくれれば、不満をためなくてすむのに・・・・・・

 

クマ代
クマ代

そうね。だから、自分は「言われないと分からない」ってことをちゃんと伝えるのも大事なのよ

 

女性が一通り気持ちを吐き出して落ち着いたら、困っていること、辛いことはその時にその場で言って欲しいことを、相手を立てた上で、自分を下手にして伝えます。

クマ代
クマ代

ペン男さん、お願い

 

ペン男
ペン男

あのね、〇〇ちゃんがどんな時に辛いとか、困ってるとか、どんな時でも察することができたらいいなって本気で思うよ。

 

でもね、僕にはそれができない場面がこれからもたくさんあると思う。だって、女性が持つような素晴らしい能力が僕にはないから。

 

・・・努力じゃ多分どうにもなんない部分があるんだ。

 

だからね、言ってくれればちゃんと聞くから、言って? 言われて嫌だってことはないから。だから、辛い時、苦しい時はいつでもすぐに言ってくれる? それ、お願いしてもいいかなあ?

 

下手に出て伝えれば、女性も、自分にも「ちゃんと伝えない」という非があったと気づきます。

 

クマ代
クマ代

そうねえ。お互いに歩み寄ることが大事ね。男性でも女性でも、何で分かってくれないんだって怒り出したくなるかも知れないけど、怒るのは一番だめよ。怒ったって何も解決しないし、楽しく無いじゃない?

 

だから、思いやりを見せるようにして、仲良くしましょうね

一歩間違えると「無神経」になってしまうことも。男子のノリは通じないと心得ること

女性は、女性同士のコミュニティーにおいて、物事をはっきりと言い過ぎない方が上手くいく場合が多いということを学んで成長します。だからこそ、女性たちの間で、合図を見せればそれだけで察することができるような仕組みが成立します。

 

目線をさっと動かすだけで、「ここを出よう」という合図になったり、口元をちょっと歪めるだけで、「居心地悪いね」という合図になったり、女性たちはスパイのようなことを、案外普通にやっています。

 

さらに、女性たちは、男性を相手にすると、自分が感じた痛みや辛さを直接伝えると、「ワガママな人」と判断されるのではないかと怖くなってしまうことから、どうにか合図だけで相手に自分の状況に気づいてもらおうとしてしまいます。

 

男性側にしてみれば、「言わないで分かるなんて、あり得ない」ということでも、女性側にしてみれば、「きっとこの人は気づいてくれる」と期待しているのです。

 

ペン男
ペン男

期待されているのだから、応えてあげられるように努力することは大切ですよね。

 

でも、女性が不満に思うポイントは限られています。だいたいの場合で環境が不快か、男性が自分本位になっているかのどちらかです。

 

クマ代
クマ代

そうよね。だから、暑さ・寒さ、そして足の痛み、体調に気をつかって、それが原因じゃないのなら、自分が一方的に喋っていないかとか、相手が嫌がるような発言をしてしまったのではないかとか、自分を疑うべきってことね

 

ペン男
ペン男

そうですね。でも、恋愛には失敗はつきものです。女性をよく知らない段階で、つい相手を不快にさせる発言をしてしまうということはあるでしょう。

 

絶対にしてはいけないのは、相手の体型に関すること、家族について、相手がコンップレックスを感じている事について否定的な発言や、否定的と捉えられる発言をしてしまうことです

クマ代
クマ代

そうねえ。胸の話とか、お尻の話とかについては、そもそも話すものじゃないけど、他の人の胸やお尻を褒める発言をしたら即死と思った方がいいわね

ペン男
ペン男

そうです。相手の心に傷を付ける発言はしてはいけません。

でも、どんなに頑張っても取り返しの付かない失敗というのはあります。僕も、何を言っても言い訳になってしまい、どうやっても彼女の信頼を取り戻せないということがありました

 

クマ代
クマ代

完全に振られるパターンね。・・・それで、その後にペン男さんはどうしたの?

 

ペン男
ペン男

ええ。二度とこういうことは繰り返さないと心に誓いました。

 

もう僕は、その女性から好かれることはありませんし、彼女の信頼を取り戻すことはできません。でも、彼女は、僕に「こんな男になるな」という悪い見本を教えてくれました。

 

だから僕は、二度と過去の僕にはならないと決意して、相手を傷つける言葉には何より敏感でいるように心がけています

クマ代
クマ代

過去から学んだのね

ペン男
ペン男

はい。僕の過去は変えることはできませんが、僕の現在と未来はいくらでも変えられますから

クマ代
クマ代

うんうん。そうよね。そのとおりよ(涙)

不機嫌になった女性との間で何度も喧嘩になった結果、「もうムリ」と言われて振られてしまうこともあると思います。そんな時、その彼女を追いかけ続けても、ほとんど上手くいくことはありません。

 

ですが、女性が何を嫌がっていたのか、自分のどんな対応がまずかったのかを学ぶことができれば、将来出会う素敵な女性を逃さず、幸せになることができます。

 

女性は本来、我慢強い性質を持っています。だからこそ、女性が不機嫌になるということは、「我慢の限界を超えた」場合であることがほとんどです。特に、付き合って間もないカップルや、付き合う前の二人の間で彼女が不満を訴えたのなら、自分自身に直すべきところがあると考えましょう。

 

女性に振られた時に思い出したい一言:

ペン男
ペン男

自分の過去は変えることができないけれど、自分の現在と未来はいくらでも変えることができる

タイトルとURLをコピーしました