【女子にはおごるべき?】おごられて当然に見えるお礼を言わない女性の本音と付き合い方

おごられて当然 見える 女子 Boy meets Girl

お礼を言わず、財布も出さず、おごられて当然に見える女子の本音とは

会計のタイミングはお互いが出方をうかがっている場合がほとんど

カフェやレストラン、居酒屋などを立ち去る直前になると、男女の恋の駆け引きの一つとも言える「会計の陣」がはじまります。

ペン太
ペン太

ここは俺がおごるべきなのか?

うさ子
うさ子

おごってもらえるのかな?

ペン太
ペン太

黙ってささっと会計すべき? でも、当たり前におごるってのもなー? なんかな~?

 

おごる頻度高いしなー。いや、いいんだよ? おごることは別にいいけど、でも、なんかな~。これが普通になっちゃうの?

うさ子
うさ子

え、どうしよ。今日は出すよっていうべき? おごられて当たり前みたいに見えてもヤダし。

 

でも、この前お金出すよって言ったら、いーからいーからってめっちゃ言われたしなあ。でもなあ、お財布は出すべきだよね。あ、でも、会計が終わってからお金出すっていう? それって遅い???

 

おごる? おごられる? おごってあげると言う? おごってあげると言われてもここは断っておく?

 

クマ代
クマ代

頭の中でほんの数十秒のうちに、男も女ももやっとするのが会計のタイミング。気心が知れた中でもない限り、「正解のお金の払い方」に辿り着くのは難しく、どっちもお互いの出方をうかがっているというのがホントのところ。

 

そうやって、お互いがもやもやっとした感情を心の中に広げていると、何となく、いつもの流れで男性がお金を出し、「あ、お会計・・・・・・」とぼそっと言った女子に「あ、いいから」の一言でぶっきらぼうに返してしまい、「あ、うん」と会計が終わると、またもやもやタイムがやってくる。

 

ペン太
ペン太

いいんだけどさ。おごるのが嫌なわけじゃないし。

 

でもなー。せめて、かわいく「いつもありがとう♡」とか言ってくれてもいいよなー。それとか、まあたまには、「今日はあたしが出すね」とかさっ。。。

 

心の中に、もやりとした感情を抱えたまま、ちょっとため息を付きたくなる瞬間です。

 

でも、この時、女性の側も、ただ黙っておごられて満足しているとは限らないものなんです。

クマ代
クマ代

女子は女子で、おごられていいのかな~? とか考えているうちに相手がさっさと歩き出すもんだから、改めてお礼も言いづらいとか、実はそこまでおごられたい訳じゃないのにな、ってこともあるしねえ。

「女」を売りにしている女子にはおごりじゃなきゃ論外という女子もいる

おごるとか、おごられるという関係が嫌いで、はじめからずっと割り勘ですという関係なら、会計の度にどうするかをいちいち気にしなくていいといいので、付き合っていく上ではとっても楽です。

 

クマ代
クマ代

でも、ゆるっとした、ふわっとしたかわいさを持つ女子や、きりっとした、スッとした美人を相手に、「おごりません」何て主張をするのは、むしろちょっと、男がすたるんじゃ・・・と、不安になるもんよね。 男らしくないって嫌われそう、とか。

 

それもそのはず。だって、「かわいさ」「女性らしさ」「美人というステータス」に惹かれて付き合った相手なんだとしたら、相手は相手で「お金のことでごちゃごちゃ言わない、リードしてくれる男子」を求めているものなので、「常に女性を優先するエリート男子」の方が良いに決まっている・・・と思うはずだからです。

 

実際には、ふわっとしてかわいい女子が、「おごられてばかりは嫌だけど、言い出すタイミングが分からない」と思っている場合もあるし、「お金出すって言ってる人にしつこく出すって言ったら相手のプライドを傷つけるかも」と心配している場合もあるので、全女性が「おごりがデフォルト」じゃないのは確かなこと。

 

クマ代
クマ代

でも、もしも、男の側が、女性に対して「女性らしさ」や「かわいさ」を求めてるんだったら、話は別ね。

 

ペン太
ペン太

ふわっとかわいらしく、おしとやかにしていて欲しい。スッと、きりっとした美人でいて欲しい。

 

クマ代
クマ代

そう思うなら、自分は自分で、「男らしく」いないといけないもの。女性に女性らしさを求めるなら、自分は男らしくしないと、バランス悪いわ

 

自分の持つ「女の子」のイメージ通りにいて欲しいと願うなら、こっちはこっちで男らしさ、を全面に見せて、「男らしい男性」と「女らしい女性」のカップルを目指すべきでしょう。

 

クマ代
クマ代

おごってあげて、荷物を持ってあげて、送り迎えをしてあげて。古いイメージっぽいけど、結構今でもこういうカップルいっぱいいるけどね。

 

でも、そんなカップルばかりじゃないのも事実。結局、男性側も、女性側も、お互いの抱く勝手なイメージに縛られて、「こうあるべき」から抜け出せなくなって、お互いに不満をためている場合もあるものです。

 

じゃあどうするのか、って言ったら、ここはもう、「正直になる」しかありません。

自分はこういう関係がいいというのをちゃんと伝えてみる。それで相手との相性を確かめよう

おごるのはOK。むしろ稼いでる分おごりたい。でも、かわいくお礼を言われたいし、自分を褒めて欲しいという心があるなら、それ、はっきり言っちゃいましょう。

 

ペン太
ペン太

お金を出す時には、そのお礼って思って、かわいくありがとう、とか、すごいねって言って欲しい。それでめっちゃいい気分になるから!

 

そうやって本音を伝えることで、女子の側も、本音を出しやすくなります。

 

いつもおごるのは辛い、嫌だと思っているのであれば、それも素直に言っていいんです。

 

ペン太
ペン太

いつもお金出すのはちょっと厳しいなあ。記念日は出すけど、後は割り勘にしない?

 

お金の出し方について話し合うと、かわいくお礼を言ってくれる女子もいるだろうし、おごられっぱなしはやっぱり嫌だから自分もたまにおごりたいと打ち明けてくれる女子もいるだろうし、本当はおごられるのが嫌で全部割り勘か、共同の財布を持ちたいという女子もいるでしょう。

 

もちろん中には、「おごらない男子とは付き合えない」女子もいるし、「お礼を強制されるのが嫌だ」という女子もいます。でもそれは、ほんの一部。

 

男子にだって、「スカートを履かない女子は嫌だ」とか、「髪がロングじゃないなんて論外」という人がいるのと同じで、相性があわない女子だったというだけなんです。これはとことん合わないなって分かったら、はやめにお付き合いを解消して、もっと相性の良い女性を探した方がいいでしょう。

 

付き合う上で一番ダメなのは、中途半端な不満を抱えて付き合い続けること。

 

本音を出せない間柄は、そのうち何となくフェードアウトしちゃうし、不満は長引くほどに大きい不満になっていくから、とにかく早めに本音を言うのが大事なことなんです。

 

クマ代
クマ代

男はこうあるべき、とか、女はこうあるべき、っていう考えは育った環境が違うんだから誰でもある程度持っているもの。でも、それって変えようと思えば変えられる考え方だからね。だけど、お互いに絶対に変わらないなって思ったら、もう別れた方がいいわね。時間がもったいないからね。

 

でも、おごってあげるのはいいけど・・・・・・という男性が注意しておきたいのは、「おごってやってるんだから」という上から目線になっちゃってないかってことの方。

 

おごってるんだからこのくらい当たり前、みたいな考えになると、女性を「買っている」関係みたいになってしまいます。それじゃあパパ活と変わらない。だから、本当は、お礼を言われようが言われまいが、「おごってあげたいのは俺の方」っていう考えを持つのが、心にとっては最も健全な考え方。

 

クマ代
クマ代

恋愛上級者だったらおごるタイミングで、「こんなに楽しい時間をくれた君に、お礼がしたいのは俺の方だから」って言うわね。ヤバイやつ、と思いつつ、女は絶対落ちるわね。

 

おごるのが当たり前でもないし、おごられるのが当たり前でもない。

 

だから、本音はちゃんと確かめないといけないということ。おごっても、おごられても気まずい関係になる可能性があるからこそ、ちゃんと本音を言い合える関係になるのが大事ってことですね。

 

男を上げる使える一言

ペン男
ペン男

こんなに楽しい時間をくれた君に、お礼がしたいのは俺の方だから。今日は奢らせてね。

タイトルとURLをコピーしました