Boy meets Girl

Boy meets Girl

【男のための水族館デートの注意点】海沿い散歩は告白に最適。彼女に好かれる気遣いポイントをチェック!

水族館は鉄板のデートスポットですが、定番だからこそのデートの際の注意点があります。イルカショーでの対応や、順路を歩く時の手のつなぎ方、告白を考えている人は、海沿い散歩での告白の仕方、風が強くなりやすい海沿いならではの気遣いなど、知っておくだけで彼女との関係がぐっと近くなる方法を学びましょう。
Boy meets Girl

【痩せ過ぎ・ガリガリは改善できる】自信があれば痩せ型はモテる。筋肉が付かない・太れない男性は自信を持つことも大事

痩せすぎの男性の多くは、過敏性腸症候群など胃腸の問題を抱えているケースが多いものです。そして、他の男性と比較して筋肉が付かないことにコンプレックスを持っている場合が多いですが、「食事制限が無い人」であれば、体型は変えられることがほとんどです。自信の無さは、体調不良の現れであることも多いので、まずは体質改善から取り組みましょう。
Boy meets Girl

【頭髪に自信が無い人の婚活・恋活法】恋愛が上手くいかない原因は頭髪ではなく自信の無さだと気づこう

見た目、それも特に「頭髪」に自信が無いことで婚活や恋愛がうまく行かないと悩んでしまう人がいますが、頭髪問題は、実は女性はそこまで気にしていません。いつかは男性の頭髪が薄くなることは分かっているからです。一番問題なのは、自分が気にしている問題に対処せず、そのせいで何も上手くいかないのだと思いこんでしまうことです。
Boy meets Girl

【学歴が評価される理由】学歴コンプレックスの正体と恋愛・婚活にも影響する「自信の無さ」の克服法

学歴コンプレックスがひどくなると、結婚や恋愛に悪影響を及ぼしますが、コンプレックスの原因は過去の学歴より「今の自分への自信の無さ」にあります。学歴になぜそこまでこだわってしまうのか、人の心理や学歴が重要視される理由を知ることで、コンプレックスから開放される方法が見えてきます。
Boy meets Girl

【自慢話は女性に嫌われるのでNG】自分アピールと「過去」の栄光自慢は女性が遠ざかるダメな言動

女性に好かれたいからと、過去の栄光や自慢話をついしてしまう人、彼女褒められたくて「俺ってすごいでしょ」と何でも褒めてもらおうとする人。そうした行動を積み重ねていると、女性は去っていきます。しつこい自慢話や、褒めて攻撃は嫌われる元です。無意識でいると、女性にモテるどころか、女性に引かれる発言ばかりになってしまうので、要注意です。
Boy meets Girl

【身長コンプレックスの克服法】「自分なんか」や「どうせ」という気持ちがあると婚活・恋愛に失敗する

身長が低いコンプレックスのせいで婚活や恋愛がうまくいかない、と思ってしまう人がいますが、コンプレックスそのもののせいで婚活がうまくいかないということはほとんどありません。そうではなく、感じているコンプレックスによる「自己評価の低さ」や「卑屈さ」から、婚活がうまくいかなくなることがあります。
Boy meets Girl

【結婚前に女性の本性を知る方法】感情の起伏が激しい人や行動や言動を制限する女性は将来モラハラ妻になる可能性が高い

結婚を考えると、婚活で出会った女性や付き合っている女性と穏やかな家庭を築けるかどうか心配になりますよね。モラハラ妻になる可能性の高い女性の特徴として、感情の起伏が激しいこと、相手の言動や行動を制限すること、話が通じないことなどがあります。男性に全く非が無いにも関わらず、ちょっとしたことで責められるという人は、婚活をやり直した方が良いかも知れません。
Boy meets Girl

【食事デートは店選びが重要】ランチョンテクニックは簡単で確実なテクニック。味と雰囲気の良いお店で相手と距離が縮まる

初めてのデートのお誘いに成功したものの、食事はどこに行けば良いのかと迷うことはありませんか? 美味しい食事と雰囲気の良いお店に行くだけで、ランチョンテクニックにより相手との距離がぐっと縮まることを知っていれば、お店選びが何より重要だということに気づきます。相手が楽しめる時間と空間を演出しましょう。
Boy meets Girl

【相手との距離を縮める心理テク】「好き」を使って同意と共感を示す心理テクで相手に好かれる方法

好きという言葉にはポジティブな印象が強いため、会話の中に上手に混ぜ込むことによって「この人とは合いそう」という印象を相手に与えることができるようになります。また、会って間もない相手からの興味を引き出すためにも、「好き」という言葉を使った会話のテクニックが使えます。
Boy meets Girl

【結婚前に不安になる理由】人は変化が怖いもの。環境の変化は期待と不安によるマリッジブルーを引き起こす

結婚前に不安になることをマリッジブルーやエンゲージブルーと言いますが、結婚に不安を覚えるのは「人が変化を恐れる生き物」だからです。ホメオスタシスという恒常性が働いている人間にとっては、環境の変化は怖くて当然です。ただ、結婚前の不安には、通常の「変化の怖さ」とは違い、潜在的に感じている「結婚相手やその家族に対する不安」が隠れている場合もあります。
2021.05.11
Boy meets Girl

【恋愛が分からないという悩み】ドキドキしない・冷めるのが早い・恋愛が理解できない人のための婚活法

恋愛ができない、と悩む人の中には「ドキドキが分からない」など、恋愛のテンションを持てないことに悩んでいる人もいます。はっきりと自分が他の人と違うというよりは、自分は他の人とちょっと違うという悩みを持っていると、つい周囲に合わせて自分を偽ってしまいやすく、恋愛をするのが面倒に感じていくようになります。
Boy meets Girl

【女性の面白いの基準とは】「つまらない」とフラれた時に知りたい女性が求める面白さの正体

一緒にいてもつまらない、面白くないと言われたり、フラれてしまったことのある人はいませんか。女性が求める「面白さ」とは爆笑できる面白さではありません。自分が喋っていることに「ポジティブな反応があるか」や、デートにでかけるなど2人でいることでプラスになる経験ができていることを「面白い」と感じるのです。それができていなければ、誰でもつまらないとフラれることはあります。
Boy meets Girl

【人を好きになれない悩みの正体】恋愛できない人でも結婚に向いている人はいる。周囲と同じを求めないことが大事

好きな人ができない、周りのように恋愛ができないと悩んでいる人は案外多いものですが、悩みの原因は様々です。自分の恋愛志向が分からないという人もいれば、恋愛に対して無関心な人も、トラウマがあるという人もいます。理想が高くなり過ぎて現実的な恋愛に結びつかない人もいますが、あまりに周囲に合わせようとすると、恋愛をすること自体が辛くなるかも知れません。
Boy meets Girl

【アプリ・見合い写真の撮り方:男性編】写真の目的は「カッコよく写ること」ではない。伝わる写真の撮影法

プロフィール写真をどうしたら良いのか分からずに、適当に撮影したドアップの写真を載せていたり、ナルシストのように見える自撮りを載せていませんか? 出会いの数を増やそうと、若い頃の写真を載せてしまう人もいますが、それは結果的にはマイナスな行動です。写真は、あくまで「雰囲気」を伝えることが大事であり、顔の良さを伝えるためのものではありません。
Boy meets Girl

【花のプレゼントの選び方】花束のプレゼントは要注意。持ち運びの負担や花の世話の必要などを考えて渡そう

ロマンチックな演出がしたいと花束のプレゼントを思いつく人もいると思いますが、花束を贈る時にはいくつか注意しなくてはならないことがあります。花は持ち歩くには重くかさばるものであるから、渡すタイミングが重要であること、人によっては生花がダメなので、枯れない花、ソープフラワーなどその他の花束の選択肢があることを知っておきましょう。
Boy meets Girl

【女性の脈ありサインを見抜く】デートに誘う前に相手が自分に好意を持っているか判断する方法

相手が自分に「好意」を持っているかどうかを知ってからデートに誘いたいと考える人は多いと思います。断られた時にはそれなりに心にダメージがあるので、なるべく相手の自分に対する印象は知りたいものです。好意は目や手、態度にあらわれやすいことから、まずは視線、手の位置、身体の向きを確認してみましょう。
Boy meets Girl

【婚活で使える心理テク】両面提示の心理テクを使えば相手の信頼を得ることができ婚活に有利になる

この商品には欠点が一つもありませんと言われれると、誰もが「怪しい」と感じるように、デメリットがないと思われる方が相手は「不信感」を抱きやすくなります。現実的な生活が待っている結婚を目的とした婚活の場合は特に、自分から「デメリット」についても打ち明けておくことで、相手との間に信頼関係が生まれ、結婚後に協力しやすい関係性を築けるようになります。
2021.05.09
Boy meets Girl

【マッチングアプリの注意点】女性の実際の顔が写真と違って「騙された」と感じる理由と対処法

マッチングアプリを利用していると、実際に会った相手の顔が写真とあまりに違うので「騙された」と感じてしまうことがあります。女性の多くは「自分の一番盛れた写真」を載せたいので、写真と実際の顔がある程度違うのは仕方のないことですが、「騙された」と思う心理の裏には自分の本音が隠れています。
Boy meets Girl

【デートを成功させる方法】失敗も挽回できる「ピーク・エンド」と「親近効果」の心理テクを利用した演出法

気合を入れたデートほど、意気込み過ぎて失敗してしまうことがありますが、人の記憶がデートのピークと、別れ際のラストしか覚えられないと知っていれば、そこまで緊張せずに済むようになります。デートは、ピークの演出と、ラストの演出がとても大事。そこを抑えるだけで、デートの成功や、失敗したデートの挽回ができてしまいます。
2021.05.09
Boy meets Girl

【美人・かわいい女性に好かれる方法】直接的な表現・比較表現を使うと嫌われる可能性大。褒め方を極めて惚れられる方法

この人美人だな、かわいいなという人に一目惚れしてどうにか仲良くなりたいと思って「かわいいね」「美人だね」と直接的な表現をしてしまう人は、直接的な表現や比較の表現ほど「美人」や「かわいい」人には嫌われることを知っておきましょう。美人やかわいい人だからこその悩みを生かした褒め方で、相手があなたに興味を抱くようになります。
Boy meets Girl

【女性に好みのタイプを聞かれた時の正解の返し】モテたいのか、特定の人に好かれたいのか、婚活かで解答方法は違う

「好みのタイプは?」と聞かれた時の正解の返しは、シチュエーションによって異なります。意中の相手がいる時、モテたい時、婚活をしている時によって「返答」は変えていきましょう。モテたい時には相手に「自分と2人きりで出かける様子」を想像させることが大切です。
Boy meets Girl

【離婚歴のある男性の婚活法】離婚理由を話す時には自分の非を認めて次の結婚のメリットになることを伝えよう

離婚理由を伝える時に「自分には非がない」という言い方をすると後にトラブルになる可能性があります。女性の多くは「1度の離婚」に大して肯定的であり、結婚に夢を見ていないからと離婚経験者を好む場合もあります。そのため、伝え方次第で離婚経験者の方が初婚者よりもモテることもあります。相手にメリットがあると思わせる伝え方をしましょう。
Boy meets Girl

【マルチの勧誘に注意】アプリの出会いで「勧誘」は完全には排除できない。特徴と対策を知っておこう

マルチ商法とは、純粋に製品を販売するのではなく会員を集めて会費や、会員の商品の購入代金から他の会員が利益を得ることが目的になっている商法ですが、現在では「違法すれすれ」のマルチ商法が増えています。出会いの場には必ず「マルチの勧誘」があるものなので、「マルチかな」と思っったら相手と関わることなくすぐに離れることが大切です。
Boy meets Girl

【宗教の勧誘目的の対処法】信仰は自由なので宗教の話をされたら「勧誘かどうか」を判断するのが大事

婚活や恋活の場には「宗教の勧誘」を目的として活動している人が紛れ込んでいます。ただ、純粋に婚活をしている人の中にも熱心な宗教の活動家はいるので、宗教の話をする人の全てが「勧誘目的」とは限りません。「宗教の話かな」と思ったらまずはそれが勧誘目的かを見極め、勧誘らしいと感じたらすぐにその場を離れるようにしましょう。
Boy meets Girl

【結婚詐欺師の見抜き方】男性も女性も引っかかる可能性がある結婚詐欺師の特徴と対策法

婚活をしている時には、それほど多くはありませんが結婚詐欺師に出会ってしまうことがあります。結婚詐欺ではないかと疑いを持った場合には「なるべくはやく黙って相手から立ち去る」ことが大切です。そして、自分自身が契約していないこと、契約が実行されていないことのお金を払わないように気をつけるようにしましょう。
Boy meets Girl

【いつの間にかフラれていた】理由を言わずに別れを宣言された時・自然消滅していたと気づいた時の立ち直り方

理由も言わずにフラれたことになっていた、自然消滅していたと言われた、彼氏・彼女が突然海外や別の地域へ消えてしまったという時、「自分の何がいけなかったのか」と悩んでいませんか? あなたに明確な非がある時には、たいていは別れの理由を相手は告げてきます。ですが、相手自身の都合で別れたい時、悪者になりたくない心理で「別れ」を告げない人がいます。
Boy meets Girl

【成功率の高いデートの誘い方】YESセット・二択問題・仮の話・断れない頼み事の心理テクを利用してデートに誘う

心理学を利用したデートの誘い方を覚えておくと、より高確率でデートの誘いにOKしてもらえるようになります。必ず「はい」になる質問を利用するYESセット、「もしも」の話しで相手の興味を引く仮の話、質問しやすく相手も答えやすい二択問題を利用して好みを知る方法、そして断りにくい頼み事で高確率でデートの誘いを受けてもらう方法まで。
2021.05.09
Boy meets Girl

【女性に好かれる言葉選び】「子供が欲しい」が婚活理由の人が気をつけたい婚活の動機の伝え方

言葉は、ほんの少し違うだけで「伝わり方」が変わります。子供が欲しくて婚活している人は、「子供が欲しいから結婚したい」というと女性が抵抗を覚えることがあると知っておきましょう。言葉は、使い方次第で結果を大きく変えることができます。婚活の動機の伝え方が違うだけで、「この人いいな」と思ってもらうことができるでしょう。
2021.04.07
Boy meets Girl

【周囲が結婚して焦る理由(男性編)】結婚しなくちゃいけないの? と考えたら知りたい自分の本音との向き合い方

男性の場合、早く結婚して子供が欲しいと思っている男性でない限り、きっかけがなければなかなか「結婚しよう」とは思えないものです。周囲で結婚が相次ぐことでそのきっかけが訪れると、「結婚」を意識するようになりますが、自分が求める結婚をしたい人ほど「面倒」がらずに結婚についてきちんと考える必要があります。
2021.04.07
Boy meets Girl

【モテ男への道】モテない、人気がない、デートが上手くいかない時に見直したい会話術

婚活や恋活の場で「自分アピール」に必死になり過ぎていませんか? 自分ばかりが一方的に喋っている、デートに行ってもその先が続かないという人は、もしかしたら会話の方法を間違っているのかも知れません。女性が喜ぶ会話術を知って、モテ男を目指しましょう!
2021.04.07
タイトルとURLをコピーしました