【おごりが基本の男子の生態】割り勘でもやもやする女子が知っておきたい男子の本音

おごり 割り勘 もやもや Girl meets Boy

「おごらない男子」と「女子にはおごるべき」と考える男子の差

おごるのが当たり前という男子は、女子に「女らしさ」を求める度合いが高い

デートの際に男が出すのが当たり前だった時代があったのは、外でお金を稼ぐことができるのが男に限られていた時代が長かったからです。

 

女性が自由にできるお金を持っていないのが当たり前なら、男性がおごるというのは当然のこと。結婚しても男が経済的な面での責任を負うのは当たり前でした。でも、それは今は昔のお話です。

 

現在では、男女の平均給与は、若い世代ほどにほとんど同じレベルになっていることもあり、デートの時には”割り勘”が当たり前と考える人も増えています。

 

ただ、難しいのは、おごりが当たり前の時代から、割り勘でもいいという時代に変わっていっている今は、初デートは相手がおごるべきと考える人がいたり、どんな時でも割り勘でと考える人がいるなど、女子の間でも「おごる・おごられる」の関係に対する意見が割れている状況にあるということ。

 

クマ代
クマ代

初デートがおごりじゃないなんて、そんな男はイヤ、という人もいれば、今でも昔ながらの女性視点を持つ女子もたくさんいるわね。バン美なんて、割り勘な男はあり得ない派でしょ。

 

バン美
バン美

そうね。別にわたしにお金がない訳じゃないわよ? 収入はちゃんとあるし。だけど、わたしはね、男性に私にご馳走したいって思ってもらうことが大切なの。それだけ「大事に」思われていたいのよ

 

女性の中には、きっちり割り勘で。男女平等で。と考える人もいますが、多くの女子は、結局どうしたらいいのか分からない、正解が無くて困るというのが本音ではないでしょうか。

おごられたいけど、おごられっぱなしもイヤというのが本音の女子が多数いる

男性側も相手によって「おごる」と強く主張する人がいたり、「割り勘じゃなきゃだめ」という人がいたり、最近では本当に相手によって言われることが変わるので、女性の側だって、結局どうしたらいいの、と戸惑うこともあるでしょう。

 

うさ子
うさ子

デート終わりに、会計を済ませた後で「二千円ね」って言われたけど。。。そもそも、あたしはそんなに食べてないのにー。多く出してってこともないけど、割り勘ならその場で自分の食べたメニューの分お金出したい・・・

 

おごらない男なんてありえない! ってはっきり公言していて、”女”を売りにしているタイプなら、むしろ楽なんです。だって、そういう女性は、高年収でステータスのある男をはじめから狙っているし、相手の男性も、かわいいとか、きれいとか、分かりやすく魅力的な女性を求めているから、おごることに抵抗なんて全くないからです。

 

でも、「普通が良い」とか、「ちょうどいい人がいい」っていう女子ほど、おごられてもやっとしたり、おごってももやっとしたり、おごる・おごられる関係性にもやもやしてしまうもの。

 

じゃあどうしたらいいのか? っていうと、これは、自分の立ち位置をはっきりさせるしかありません。

初デートはおごりが基本? 男子がおごる時に女子に期待していること

おごってくれれば、お金の面ではとっても助かるという女性も多いと思いますが、おごってもらう一方で、男性側に男女平等でいてほしいという期待を持っていませんか?

 

そもそも、男子たるものおごるべき、と思っている男性は、男女平等なんてどうでも良いと思っていることを知っておく必要があります。

 

クマ代
クマ代

そうね。「おごるのが当たり前」っていう男子は、プライドの高い人が多いもの。自慢話が多かったり、褒められたい願望が強い人が多いから、そもそも、こういうプライドが高い人ってハイステータスな男性に多いものだけど、そういう男性を狙うなら、女子もそれなりに心得ておく必要があるってことね

 

 

バン美
バン美

それはそうよ。ハイステータスな人を狙うなら、相手よりできる人間になろうとしちゃ絶対にだめね。男と女は違っていて、だからお互いを知りたいって思うし、でも絶対に理解できないところがあることを楽しめるのが、女と男がはっきり別れたタイプの恋愛の仕方だもの

 

 

クマ代
クマ代

そうねえ。「男ってバカね」くらい思えないのなら、おごってくれる男子はむしろ避けるべきね。初めから割り勘にしてくれる男性の方が、同じ土俵に立って同じ目線で話をしてくれる、人間同士の恋愛ができるから、そういう方が向いている人もいるわよね

 

女性の中には、”自分を女として売り込む”ことができる人がいる一方で、女にだってプライドがあるという人や、男とか女とか関係なく、人として相手に認められたいというタイプの人もいます。

 

「女だから」「男だから」といって割り切れないタイプの人は、「男子たるものおごるべき」と考えるような男性とは、性格的に合わないと言えるでしょう。

 

クマ代
クマ代

でも、はっきり割り勘が良いってタイプばっかりじゃないわよね。いつもじゃないけど、たまにはおごって欲しいとか・・・・・・

 

そんな女子にとっては、おごられる度合いが重要になります。

 

うさ子
うさ子

いつもおごられるのは嫌だけど、いつも割り勘もちょっといやだな。あたしの方が食べる量は少ないし。あたしの方が細かいところでは色々相手のお世話することも多いし。

 

クマ代
クマ代

やっぱり何が気になるのかっていうと、「フェアさ」じゃない?!

 

自分ばかり尽くしていると感じると、愛されていないような気になるもの。尽くすのが大好きで、自分では何にもしないような男性が好きという人は、明らかに男をダメにするタイプですが、多くの女子にとって重要なのは、自分にとってちょうどいい具合の愛し、愛される関係。そして、おごる・おごられる関係性。

 

だから、自分の女子度はどれくらいなのかなー、というのを自分で確かめる必要があるんです。

将来的な家事分担の理想の割合にも影響する、自分の女子度について知る

将来的には完全共働きで、お給料の割合に応じて生活費を負担、家事も完全分担が良いと思えるのなら、一番いいのは彼氏と早いうちから共同のお財布をつくること。

 

お互いに同じ割合のお金を出し合って、そこから食事のたびにお金を出せば、いちいち割り勘にする手間もはぶけます。

 

だけど、働き続けるつもりはあるけど、お給料はそこまで高くはなさそうだし、自分の方が育児や家事を多めに負担するつもりという場合には、3回に1回は自分がお金を出すとか、普段の飲み食いでは自分が食べた分だけは払うとか、自分のスタンスを決める必要があります。

 

なるべく相手に多めに払って欲しいという気持ちは、実は一番伝えにくいもの。お互いのちょうどいい、がいったいどのくらいの割合なのか、数字にするのが難しいからです。

 

だから、7:3くらいと思うのなら、その割合で共同のお財布をつくった方がいいくらい。

 

クマ代
クマ代

でも、ふわっとしてはっきりさせない感じがかえって恋愛では重要だったりもするのよねえ。だいたい7:3でお金払いましょう、とかめちゃくちゃ言い出しづらいでしょ。なんとなーく、ふわっとごまかしたところがないと、恋愛やってられないわよ。

 

だから、おごってもらいたいという気持ちがある時には、ちゃんと「女らしさ」でアピールするしかないんです。

 

男性側も、平等を気にするタイプの人が増えているとはいえ、今でも自分がおごりたい、とか、おごったら感謝して欲しいとか、男性として優位に立ちたいと考えている人は大勢います。でも、その優位に立ちたいっていうのは、男女を不平等にするほどに大げさなものじゃないんです。

 

ペン太
ペン太

とにかく、かわいくお礼を言われたいし、頼りがいあるって思われたい。褒められて悪い気するわけないもんなー。

 

そう。ただ、お礼を言って欲しい。感謝されたい。褒められたい!って気持ちがあるだけ。だから、深く考えないで、ごちそうしてもらえたら、いっぱい感謝するようにすること。最近ごちそうされ過ぎてちょっと気が引ける、という場合には、こっちが男前に「今日はあたしのおごり!」と言って、相手から感謝の気持ちというお礼を受け取るようにすれば良いんです。

 

こうあるべき、って考えるほどに付き合うのも面倒だな、と感じ始めてしまうもの。

 

だから、「いつもこう」という考えを持つんじゃなくて、1回1回のデートで、おごられて、お礼を言ったら終わり。おごって、お礼を言われたら、終わり。そういう風に、過去は過去にしていくと、気楽にお出かけできるはずです。

 

気をつけたいのは、おごられるのに慣れるほどに、感謝の気持ちを表すことを忘れてしまうこと。レストランで食事を終えたら、当たり前に外で待っている、というのが続くと、男性側も、なんだかなあ、と思ったりするもの。

 

これは、デートに限らず、親でも、友達との関係でもそうですが、手料理でも何でもごちそうになったら、「おいしい! ありがとう!」をはっきり、毎回伝えることが大事。

 

クマ代
クマ代

それは当然よね。相手の心を自分のモノにしたいのなら、何が一番効くかって、笑顔よ、笑顔。満面の笑み、そして「ありがとう」。これに勝るものってないわよー

 

男性を喜ばせることが得意な女性は、とにかく褒め上手。もちろん、思っていないことは言えないとか、自分と対等な立場でいて欲しいとか思う気持ちもあっていいんですが、そればかりにこだわっちゃうと、相手を褒めることがどんどん下手になってしまうんです。

 

だから、おごられることがあったなら、パアアアア! と光が差すような笑顔を浮かべて、「あぁぁぁ、美味しかった♡ ごちそうさまでした♡」って、言うように心がけましょう。

 

おごる・おごられるの頻度や、男女のどちらがおごるかに対する正解はありません。究極的にはカップルが幸せならなんだっていいんです。だから、あまり世間の声に振り回されずに、自分はこういう関係がベストだな~というところに落ち着けるようにしましょう。

 

女を上げる使える一言

バン美
バン美

ああぁぁぁ、美味しかった♡ ごちそうさまでした♡(極上の笑顔で)

タイトルとURLをコピーしました