【LGBTQ+とは?】自分の恋愛の仕方が「普通じゃないかも」と感じた時に知りたい性的志向の可能性

LGBTQ 意味 クイア 解説 説明 分かりやすく 友情婚・契約婚・共生婚

LGBTQ+とは? アルファベットの意味をしっかり解説

カテゴリーに分類されない、でも何か普通と違うかもという人はQに当てはまる

ペン男
ペン男

性的な嗜好は人によって違いますが、分かりやすく「異性愛者である」「同性愛者である」と分けられるものでもありません。

 

一般的な異性愛者であっても、「そこまで恋愛に興味が持てない」など、恋愛に対する気持ちのあり方が違うこともあります

クマ代
クマ代

カテゴリーはあくまで、カテゴリー。自分がどこにおさまるのが決められないって人も沢山いるのよ。でも、どんなカテゴリーがあるのかを知ることで、「自分はこれに近いかな」「こういう人もいるんだ」と安心できることもあるはずよ

L:レズビアン
G:ゲイ
B:バイセクシャル
T:トランスジェンダー
Q:クイア または クエッショニング

LGBTTTQQIAAに細分化されて分類されるほど性別への感覚は多様

レズビアン(L):女性の同性愛者のこと。恋愛感情や性的な欲求が自分と同じ性別である女性に対しておこる女性のこと
ゲイ(G):男性の同性愛者のこと。恋愛感情や性的な欲求が自分と同じ性別である男性に対しておこる男性のこと
ペン男
ペン男

ゲイという言葉は、元々は男女関係なく同性愛者という意味しかありませんでしたが、現在では男性の同性愛者を指す表現として定着しつつあります。ただし、今でもゲイという言葉に女性の同性愛者が含まれていることもあります

バイセクシャル(B):女性に対しても、男性に対しても、恋愛感情や性的な欲求が起こる人のこと。場合によってはどの性別にも分類されない人や、同時に数種類の性的な分類を持っている人に対しても恋愛感情や性的な欲求が起こる場合がある。ただし、「性別等は関係なく好きになった人が好きな人」という、場合には、現在ではパンセクシャル(P)と呼ばれることが多い
トランスジェンダー(T):誕生した時に生物学的な知見から断定された性別とは異なる性を持つと自認している人のこと。男性として生まれても女性だと思っている人、女性として生まれても男性だと思っている人を表す言葉。略してトランスと言われる場合もある
ペン男
ペン男

トランスジェンダーの女性・男性が性自認を「中性(男・女という区別に当てはまらない)と考える場合にはXジェンダーと呼ばれます

トランスセクシャル(T):元々は、誕生した時に断定された性別と、自認が異なる人のことを指していた。歴史的に、ホルモン治療を行っている人や、性転換の手術を行って自認する性別に外見や身体を近づけ、より自分が認識する性別であろうとする人々を指す言葉として使われた他、差別的な用語として定着している地域もあり、使い方に注意が必要な用語。現在では、トランスジェンダーの中の一つのカテゴリーとされており、「私はトランスセクシャルです」と本人が認める場合にのみ使われる言葉
トゥースピリット(2):北アメリカの土着の人々の間で比較的最近になって使われるようになった言葉。北アメリカに住んでいる土着の人々の間では、女性と男性の両方の精神を持って生まれる人のことを2つの精神を持つものとして、トゥースピリットと呼ぶことがある
クイア(Q):異性愛者(ヘテロセクシャル)や、シスジェンダー(生まれ持った性別と自認している性別が同じ人)ではない全ての性的少数者のことをクイアと表現します。元々は侮蔑的・軽蔑的な意味を持つ言葉として広まったものの、現在では肯定的な意味合いで使われる性的少数者を包括して表す言葉
クエッショニング(Q):自分自身の性別、自分が認識する性、性的嗜好についての一部、または全部について自分の中ではっきりとした認識が持てずにいる人のことを「分からない」を意味するクエッショニング、と表現する
アルパカさん
アルパカさん

性別についての自認がまだよく分からない、今は自分が何なのか探っているという人もいれば、社会的に性別を決められてしまうことそのものに抵抗を感じている人もいます。そのため、クエッショニングである理由は様々と言えます

インターセックス(I):インターセックスは、DSDとも言われ、身体の構造的に明らかに男性・女性とは断定できない人を表す。染色体の組み合わせの違いや、性器の発達の仕方、程度などによって男性とも女性とも判断できない場合がある他、男性寄り、女性よりの身体を持って生まれたことから、それに合わせて本人の同意を得ずに手術された人もいる。成長の過程が人それぞれ違うため、生物学的には男性・女性とはっきりと分けることができないDSD(disorders of sex development)とされても、本人が「女性」と認識して育つ場合や、「男性」と認識して育つ場合もあり、当人にとっては男である、女であるという自認している性別以外を意識したことはなく、LGBTQの当事者とならない場合もある
アルパカさん
アルパカさん

インターセックスは、それを知ることなく成長することもあるので、大人になった段階で子供が持てない、身体の機能上の問題があるなどの問題に直面した場合に本人が自覚し、悩みにつながることがあります

アセクシャル(A):誰に対しても性的欲求が起こらず、恋愛感情もない人と認識されている
ペン男
ペン男

日本では、性欲が無い人に対してノンセクシャルという言葉を良く使いますが、アセクシャルは、性的欲求が無いか、ほとんど感じないか、そうした性的な行動に対しての興味が持てない人のことを表しています。

 

性的な志向が無い人もいれば、異性愛者や同性愛者、バイセクシャルであるものの、性的欲求が低いためにアセクシャルであるという場合もあります。海外では、アセクシャルはノンセクシャルとも呼ばれますが、日本ではアセクシャルとノンセクシャルは意味が分かれています

アルパカさん
アルパカさん

日本では、ノンセクシャルは性的欲求が無いか、それとは別の理由で性行為に興味のない人を指しています。アセクシャルは、恋愛感情そのものが無いため、性欲も無い人を指すことが多いです

ペン男
ペン男

ただし、アセクシャル、ノンセクシャルは境界線が曖昧なため、アセクシャル寄りのノンセクシャル、ノンセクシャル寄りのアセクシャル、または相手に寄って変わるなど、一概にこう、とは言えない部分があります

アライ(A):LGBTQ+で表される性的少数者のコミュニティに対して理解・賛同を示している人を「仲間」を意味するアライと呼ぶ。アライは、LGBTQのコミュニティを表す虹色の旗を掲げるなどして、仲間であることを示す場合がある

自分が考える「性別」がある人・無い人がいることに注意しよう

性別は「生物学的分類」と「精神的に感じるもの」がある。性別が存在しないことも

パンセクシャル:性的な欲求や、恋愛感情がどの性別・どのカテゴリーに分類される人に対しても起こる人のこと。「好きになった人が好きな人」というタイプ。ジェンダーブラインド(性別にこだわることは無い)とも言われる。性的に惹かれることに対して、性別といったカテゴリーは何の関係も無いと感じている
エイジェンダー(Agender):性別が無い、性別というカテゴリーを持たない人々。性別という考えは必要ないと考えている。(生物学的な分類についてではなく、自己を決定づけるアイデンティティとしての性別が不要と考えている)
ペン男
ペン男

ジェンダーについては、男性性・女性性のどちらでも無い、それ以外と考える「ジェンダークイア」や、男性性と女性性のどちらでもあると考える「バイジェンダー」、男性性・女性性のどちら、またはそれ以外の何とも決めたくない・決められない「ジェンダーは決められない」という立場の人、全ての性が自分の中にあると考える「パンジェンダー」など、様々な立場・考え方があります

クマ代
クマ代

セクシャリティの違いは、時に「違うことへの恐れ」が生まれることもあるわ。人間は”違う”ことを恐れることの多い生き物だからね。

 

それは、これまで上手く行っていたことが何かを変えることで悪い方向へ行ってしまうのではないかという怖さもあるんでしょうね。

 

でも、恒常性というホメオスタシスが人を守ってきた一方で、多様性や違いで人類が生き延びてきたことも事実よ。そうした生物学的な歴史を見ても、人々がそれぞれ「違っている」というのは善悪で語れることでは無いからね

うさ子
うさ子

違ってることで、人間が生き延びることもあれば、滅びることもあるってこと?

ペン男
ペン男

そうですね。そしてどんなことが起るか分からないというのは、どんな人にとっても同条件です。例えば、ゲイの方の間に広まりやすいSTD(性病)があると考える人がいますが、ゲイの人に広まりやすい病気というのはありません。

 

コミュニティがある程度限定されているからこそSTD(性病)が人の間を移動しやすいというのが事実でしょう

クマ代
クマ代

男女であっても、性行為を頻繁に、複数の人としていれば同じようにSTDにはかかるわよ

セクシャリティは自分がどう感じるかで変わっていくもの

幸せや将来を決定するのは「性的志向」では無い。周りに振り回されないようにしよう

ペン男
ペン男

LGBTQであっても、そうでなくても、行動次第で人生は全く違うものになります。それを、〇〇だから、とくくることはできないということです。

 

それは、自分に対しても同じです。「自分は女だからこうじゃなくちゃ」「自分は男だからこうじゃなくちゃ」という決まりはありません。

 

自分がやりたいからこれをする、自分が楽しいからこれをしたい、と、自分の素直な感情と向き合ってあげることが大切です

クマ代
クマ代

自分のセクシャリティが分からない人って実は多いのよね。それに、セクシャリティは人生を通じて変わっていくこともあるわ。

 

自分や人のセクシャリティが気になる時には、まずは、これからの人生で自分が何人の人を好きになるだろうか、って考えて欲しいわ

うさ子
うさ子

何人の人? あたしは、たった一人とめぐり会いたい・・・・・・

クマ代
クマ代

そうでしょ? 多くの人は、「たった一人」って思ってるわ。それも、恋愛的に出会いたい人もいるけれど、親友のようにパートナーとして仲良くなりたい人もいる。だったら、大事なのは「そのたった一人」と出会えるかどうか。

 

他人のセクシャリティなんて実はそこまで自分に関わってくる問題ではなくて、誰もが自由なセクシャリティで生きていていいものなのよ

うさ子
うさ子

男性を好きな女性だって、どの男性でもいいわけじゃないもんね。男女ならかってにくっつくってことは無いもんね

クマ代
クマ代

そうよ。誰と誰が恋人になるかも分からないし、カップルになってもパートナーで居続けられるかどうかは、お互いの努力の方が大事

アルパカさん
アルパカさん

でも、子供については悩むこともありますよね。セクシャリティの問題を抱えていると、子供を持っていいのかなとか悩んでしまったり・・・。

 

わたしはアセクシャルだから、恋愛感情が無いのに子供を欲しいと思っていいのかとか、悩んじゃうんですよね

クマ代
クマ代

セクシャリティがどうあるかと、子供を作れるかどうか、子供を持ちたいかどうかは全く関係ないわよ。不妊治療など、性行為をしないでも子供を持つ方法はあるからね。

 

男女で普通に恋愛して結婚した人が、普通に性行為をして妊娠しないと自然じゃないって考える人がいるけど、それもおかしな話よ。

 

私たちは、現代の医学である予防接種や医療技術を無視しては生きていけないのよ。私たち人間は、とっくに「自然」ではないわ

ペン男
ペン男

現代の医学を用いれば、体外受精で子供を生むこともできますし、今の人類ならお互いに遺伝的にどれくらいつながりがあるかどうかも確認できます。

 

そうした医学の進歩は「人間とともにある進化」です。だから、そうした人間の営みでできることの範囲内で、人々が認めた法の範囲内であれば、何をどうするかは、個人の自由。パートナー同士の自由と言えるでしょう

クマ代
クマ代

セクシャリティに関係なく、あなたが人生で誰かを本気で好きになることがあるとしても、それはせいぜい1人や2人の話しだし、その相手と結ばれるかどうかは、男女の間であっても分からないことよ。

 

だから、自由に生きて、自由に人を好きになっていいのよ。大事なのは、物理的に、または精神的に相手に迷惑になることは、誰であれしてはいけないということ。

 

相手に迷惑がかからないことで「こうしないとおかしい」といったルールを決めるのは、決めている人の方が相手の権利を侵害してるってことになるわ

うさ子
うさ子

男なんだからこうしろ、とか、女だからこうじゃなくちゃ、とか、○歳だからこうしなさいとか、そういうのは言ってくる方がおかしいってことだよね

クマ代
クマ代

そうね。相手の人生に口出ししたい人というのは、実は「自分が正しいと証明したいだけ」だったり、「自分に得するように相手に動いて欲しいだけ」だったりするから、イヤなことを言われたら「あれ? どうしてこの人はこんなことを言うんだろう」って考えてみて欲しいわ

リコ
リコ

たいていは、「自分が得したい」「自分が認められたい」っていう人が相手のことを思いやらない発言をするんだよね

ペン男
ペン男

誰でも自由に生きるためには、誰もが相手に対する思いやりを持つことが大切です。

 

ジェンダーで将来の幸せや安定といった未来が決まることはありません。例えば、一時的に恋愛をして子供を産んだ男女が離婚することもあれば、友情結婚をして子供を産んだ男女がずっとパートナーであることもありますよね。そして、離婚したからといった不幸とは限りませんし、結婚しているからといって幸せとも限らない。

 

個人の人生は、それだけ色々あって、それぞれの個人が一番大事にしなくてはならないのは、「自分はどう幸せになるのか」ということ。他人がどうすべきかではなく、自分がどうしたいのか、自分はどうすると幸せになれるだろうかということを大事にしましょう

タイトルとURLをコピーしました